ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトラジオ局リサーチ

ラジオ局情報

メディアの特徴と役割の違いは?



視覚と聴覚の両方に訴えかけるテレビ放送に比べて、音声のみを伝えるラジオ放送の存在感は年々小さくなってきました。しかし、最近では、災害時の情報伝達手段としての役割が見直されつつあります。また、インターネット回線を通じた「映像付ラジオ番組」も登場し、テレビとラジオの垣根はどんどん小さくなっています。

歴史となりたち

歴史となりたち

1925年、日本で初めてのラジオ放送が行なわれて以来、長い間ラジオは庶民の「娯楽の王様」として愛され続けてきました。しかし、戦後の経済発展とともに、各家庭にテレビが普及しはじめると、より趣味性が高い、パーソナルなメディアとして発展を遂げます。

ラジオ放送の開始

ラジオ放送の開始

日本で初めてのラジオ放送は1925年、社団法人東京放送局(現NHK放送センター)によって行なわれました。以来、受信機の普及とともにラジオ放送は「娯楽の王様」として、一般家庭で楽しまれてきました。戦時中は、大本営発表を国民に伝えるプロパガンダ機関としての性格を強めていましたが、終戦とともにGHQの管理下に置かれます。そして1950年、特殊法人日本放送協会が誕生すると、翌1951年には中部日本放送(現・CBCラジオ)や新日本放送(現・毎日放送)など、民放のラジオ局が次々と開設され、ラジオは再び庶民の娯楽としての地位を取り戻します。

テレビが娯楽の中心へ

テレビが娯楽の中心へ

1953年には、日本初のテレビ放送が開始されますが、テレビ受像機の価格が非常に高価であったため、一般家庭には行き渡らず、依然として各家庭の中心にはラジオが置かれていました。しかし、1950年代後半に差し掛かると、受像機の価格は次第に低下します。さらに、1959年の皇太子明仁親王(今上天皇)のご成婚をきっかけに、テレビが各家庭に爆発的に普及します。一方のラジオは、超短波を利用した音質の良いFM放送の出現や、トランジスタによるラジオ受信機の小型化などにより、家族みんなが居間で楽しむものから、個人が自分の部屋で楽しむ、よりパーソナルなメディアとして性格を変えていきました。

インターネットメディアの登場

インターネットメディアの登場

近年ではインターネット回線を活用し、PCやスマートフォンに向けた「映像付き」のラジオ番組を配信するラジオ局も登場しました。テレビとラジオの垣根を越えたコンテンツ制作に注目が集まっています。

災害時の情報収集手段としてのラジオ

災害時の情報収集手段としてのラジオ

主に屋外に設置されたアンテナを通して映像を受信するテレビ放送と異なり、受信機とアンテナが一体となっているラジオは、災害時でも、避難先などで容易に情報を得ることが可能です。また、放送側の設備もテレビに比べて簡単な構造となっているため、災害時の情報伝達手段として、ラジオの持つ役割が改めて見直されています。