ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

ラジオ局の社会的役割



映像と音声によって情報を伝えるテレビに比べ、音声のみのラジオ放送ですが、「受信機が小型で安価である」「放送側の設備も簡易で、小さな自治体でも放送が可能」「災害時にもすみやかに広範な情報伝達が可能」などのメディア特性を生かし、様々な社会的役割を果たしています。

個人の趣味や地域性に合わせた「パーソナルメディア」

個人の趣味や地域性に合わせた「パーソナルメディア」

居間に置かれたテレビを一家みんなで視聴することの多いテレビ放送に比べて、携帯可能で、自分の部屋や移動中などにも聴くことができるラジオは、より個人のニーズに合わせた「パーソナルメディア」としての番組構成をしています。

音楽や語学、芸術など趣味性の高い番組づくり

ラジオ放送でもっとも人気が高いのが「音楽放送」です。聴取者は、各局のラジオDJが選ぶ、そのとき流行している最新の音楽や、往年の名曲・名演奏などを聴取しています。また、アーティスト自身がパーソナリティーとして、ファンに自分の好きな音楽や自らの声を届ける番組も、若者を中心に人気を集めています。この他、外国人や語学学習者に向けた外国語放送や、落語やオペラ、クラシック音楽など、テレビではなかなか放送されないニッチな趣味に合わせた芸術を取り上げた番組も、ファンにとって貴重な情報源として親しまれています。

地域に根ざしたローカル情報の放送

各都道府県に設置されたローカル局による放送は、全国放送では聴けないような地元の情報を伝える、地域に根ざしたメディアとして重要な役割を果たしています。さらに、より狭い市区町村単位のコミュニティ放送の誕生により、ラジオによる地域情報の伝達や町おこしなどの効果が期待されています。

「ながら聴き」による作業中の情報収集源

「ながら聴き」による作業中の情報収集源

ラジオを聴取している人の大部分は、仕事や移動の最中にラジオを付ける「ながら聴き」をしています。作業をしながらでも、いち早く最新ニュースに触れることができるのも、ラジオの持つ大きな強みです。

ニュース速報や天気予報

多くのラジオ局では、トークショーや音楽番組などの娯楽放送の合間に、定期的に独自のニュースセンターによるニュースや天気予報を伝えています。また、何か突発的な事件や災害が発生した際には、番組を中断していち早くニュース速報を伝えます。

道路交通情報

「ながら聴き」が可能なラジオは、運転中のドライバーにもよく聴かれています。そうしたドライバーに向けた、事故や工事、交通渋滞などの情報「道路交通情報」が多いのもラジオの特徴です。

災害に強いメディア特性

災害に強いメディア特性

屋外に設置されたアンテナと大きな受像機が必要なテレビ放送に比べて、携帯可能で少ない電力で動く受信機によって、電波の届く範囲であればどこでも聴くことのできるラジオは、災害時の情報伝達手段として大きな役割を担っています。また、送信側の設備も比較的簡易なもので済むため、放送局が災害によって破壊されたときにも、短時間で放送を復旧することが可能です。