ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトラジオ局リサーチ

ラジオ局情報

有線ラジオ放送について



有線ラジオ放送とは、電話線やCATV、インターネット回線などの有線通信設備を使い、音声を届ける放送のことです。一般の放送が無線を使って不特定の聴取者に向けて放送することに対し、有線ラジオ放送は放送局と有線によってつながれ、受信契約をしているユーザーに直接放送を届けます。

有線ラジオの特徴

有線ラジオの特徴

有線のケーブルを活用して、豊富な番組をクリアな音声で確実に届ける有線ラジオ放送は、特に音楽配信サービスとして活用されています。利用者は、数百種類の番組から雰囲気に合わせたチャンネルを選択できます。

豊富なチャンネル数

電波の使用法が厳密に定められている無線のラジオ放送に比べ、多くのチャンネルを使用した多彩な放送を行なうことが可能です。数百のチャンネルを持つ大手有線放送では、流行のポップスだけでなく、童謡、祭囃子、落語、般若心経になど様々な音声放送を実施しています。なかには、「羊をかぞえる音声」だけを延々と流し続けるチャンネルもあります。

電波の届かないところでも受信できる

有線ケーブルで直接音声を届けるため、放送局のアンテナから発信される電波が届かなくても、ケーブルさえ開設すればクリアな音声で放送を楽しむことが可能です。このため、山間部や都市部の難聴地域ではケーブルテレビやインターネットの回線を活用したラジオ放送の再送信サービスを行なうこともあります。

音楽配信サービス

音楽配信サービス

有線ラジオが最も活躍するのが、飲食店で行なわれている音楽配信サービスです。これは、個別契約を結んだ店に対して行なう音楽放送で、通常のラジオ局のようなパーソナリティーによるトークなどは挟まず、楽曲を連続して配信するというものです。店側では、雰囲気に合わせたチャンネルを選択し、そこで流れる音楽をBGMとして使用します。チャンネルによっては、流して欲しい楽曲をリクエストすることも可能です。

有線放送電話

有線放送電話

有線放送電話とは、1960年代ごろから、日本電信電話公社(現NTT)の電話回線が普及していない農村や漁村で、農業協同組合(JA)や漁業協同組合、市区町村などの団体によって敷設された回線を使用した、電話及び放送サービスのことです。屋外に設置されたスピーカーを通して、天気予報や地域の行事案内などを放送するだけでなく、災害発生時の緊急防災に関する連絡なども行ないます。

全日本有線放送大賞

全日本有線放送大賞

1968年から2000年まで、読売テレビと大阪有線放送社(現USEN)によって行なわれていた歌謡曲の年間表彰イベントです。有線放送の利用者から寄せられた情報をもとに、その年最も多くのリクエストを受けた楽曲のアーティストを表彰していました。2001年以降、何度か名前を変え、現在は「ベストヒット歌謡祭」という名前で年末に行なわれています。