ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

ラジオ放送局の仕事:編成部とは



ラジオ局の中で、放送するタイムテーブル、番組表を作成、決定することを主な業務としている部署が「編成部」です。

編成部の主な仕事

編成部の主な仕事

ラジオ番組には、音楽番組、トーク番組、ラジオドラマなど様々な種類の番組があります。また、朝から深夜まで、時間帯によってリスナーの年齢層や性別が大きく変わります。編成部はどの時間帯にどのような内容の番組を放送すれば、リスナーを獲得できるのか、リスナーに喜ばれるかを考えて、番組のタイムテーブルを作成するのが仕事です。そのため、ラジオ局の中で最も中核を担っている部署と言え、そのラジオ局が聴取率を多く獲得することができるかは編成部に掛かっていると言っても過言ではありません。

ラジオはテレビと異なり、チャンネルを変更することなく、ひとつのラジオ局の放送を長時間聞き続ける傾向にあると言われています。そのため編成部では、ずっと聞いていても飽きさせないようなタイムテーブルにすることが求められます。

改編と新番組の立ち上げ

改編と新番組の立ち上げ

ラジオ局では、主に4月と10月に番組改編が行なわれます。番組改編とは、1週間の放送スケジュールを新しく更新することで、これまで放送していた番組を打ち切ったり、新たな番組を立ち上げたりします。打ち切りの主な理由は、聴取率の低迷やスポンサーとの契約などです。また既存の番組の出演者や放送時間の長さ、時間帯の変更なども同時に行なわれます。

新しく番組を立ち上げるときは、プロデューサーやディレクター、外部の制作プロダクションや構成作家から企画を集め、編成部が目を通します。ただし広告代理店から企画が持ち込まれることや、編成部自ら企画を立ち上げることもあります。その後、編成部はプロデューサーやディレクター、広告代理店などを交えた編成会議を行ない、番組タイトルや番組予算、番組内容や時間帯を最終的に決定、新たな番組を立ち上げる、という流れになります。

その他の編成の業務

編成部は、報道部、営業部、制作部などのそれぞれの部署と連携を組み、番組作りを進行させます。ラジオ番組を作る上で、各部署によって意見が大きく異なることがあります。それぞれの部署の意見を汲み取り、まとめることも編成部の仕事です。この業務を「トラフィック」と呼びます。この意見の取りまとめの作業が交通整理と似ていることが、名前の由来となっています。番組の制作を円滑に進めるための重要な仕事です。

また、聴取率をチェック、記録したり、週間番組表を作成したり、営業放送システムに番組情報を入力したりするのも編成部の業務です。