ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

ラジオ放送局の仕事:技術部とは



ラジオ局の中で、機材の保守点検、操作をする技術スタッフが所属しているのが技術部です。

技術部の主な仕事

技術部の主な仕事

ラジオ局の仕事と言えば、アナウンサーやディレクターなどが思い浮かびますが、技術スタッフはその裏で働く人たちです。彼らの主な業務は、ラジオ音声を電波に乗せて、正確にきちんとリスナーに届けることです。技術部は、放送技術に関して専門分野に長けたスペシャリストが集まった、言わばラジオ局の縁の下の力持ち的存在で、無くてはならない重要な部署です。技術部の仕事は、主に「ミキサー業務」「主調整室業務」「中継業務」「送信業務」「整備業務」「開発業務」などがあります。

ミキサー業務

ミキサー業務

ラジオ番組を制作するとき、技術スタッフはミキサー卓で、パーソナリティーの声や、番組の中で流す音楽の音量や音質の調整の調整を行ないます。音楽のフェードイン、フェードアウト、エコーなど音にエフェクトを掛けたり、CMやジングルを良いタイミングで行なったり、技術面でディレクターをサポートしたりして番組を盛り上げます。

主調整室業務

主調整室は、ラジオ番組やCMを放送進行表にしたがって送信所に送る場所です。マスターやマスター室とも呼ばれます。技術部スタッフは、放送素材が正しく放送されているか、CMは正しく打たれているか、音声の質に問題が無いかを監視します。かつては人が常にいて監視を行なっていましたが、現在はコンピューター技術の進歩によってチェックが自動化されていて、地方のラジオ局によっては深夜の時間帯は人がいないこともあるそうです。また、全国のラジオ局へ中継回線の接続もここで行なっています。

中継業務

野球、サッカー、競馬、マラソン、相撲などのスポーツイベントからの中継や、中継車での街中のレポートなど、スタジオ外から番組を放送するとき活躍する部署です。その現場のシチュエーションに応じて中継回線プランを構築し、音声業務を行ないます。

送信業務

作ったラジオ番組の音声が各家庭に正しく届くように、設備のメンテナンスを行ないます。TBSラジオは埼玉県戸田市に、文化放送は埼玉県川口市に、ニッポン放送は千葉県木更津市に送信所があります。

整備業務

スタジオ機材や中継機材などの放送機材のメンテナンスを行ないます。

開発業務

2010年から開始されたIPサイマルラジオサービスradikoやデジタルラジオなどの、新しいラジオ技術の開発を行ないます。