ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトラジオ局リサーチ

ラジオ局情報

ラジオのアナウンサーになるには



アナウンサーになるためには、様々なスキルが必要です。特に声を使う仕事であるため、発音や発声などはとても大きなポイントになります。原稿を読み上げることも多いため、どんな原稿でもいかに分かりやすく読み上げることができるかがテストされます。ここでは、声が重要視されるアナウンサーになる方法を紹介します。

アナウンサーに求められるスキル

アナウンサーに求められるスキル

ラジオのアナウンサーになるためには、アナウンサーとして求められるスキルを身に付けなければなりません。まずはアナウンサーに求められるスキルを紹介します。

正しい発音・滑舌の良さ・発声

アナウンサーは声を使う仕事です。発音がおかしかったり、滑舌が悪かったりするとリスナーに情報が正しく伝わらず、混乱を招く可能性もあります。声の出し方も重要になるため、発声能力も必要です。

人を惹き付ける能力

アナウンサーはある意味タレントと似通った職業です。ただ発音がきれい、原稿を読み上げるのが上手というだけでは、聞いている人が退屈に感じる場合もあります。心を込めて原稿を読み上げられたり、もっと聞きたいと思わせたりする能力を持っていなければなりません。感受性が豊かで幅広い専門的な知識を持っていることも魅力のひとつです。

臨機応変に対応できる

生放送時は、何が起きても臨機応変に対応できなければなりません。臨時ニュースなどを読み上げるときや、トラブルで音楽などを流せないときもあります。そういった際、リスナーを待たせることなく分かりやすい言葉を自分で生み出す必要があります。

アナウンサーになるには

アナウンサーになるには

アナウンサーになるためには、4年制大学を卒業または卒業見込みであることが必須条件と言われています。採用までの道のりは一般的な就職活動と同じで、放送局の求人に応募し、書類審査と面接試験を行ないます。特殊なのは原稿を読み上げるテストがあることです。大学や放送局では、アナウンサー志望の人に向けた講習会を開いていることがあり、そこに参加することも勉強になります。

書類審査

アナウンサーは情報を正確に伝える能力が必要となるため、書類でも自分自身のことは分かりやすく伝える必要があります。決まったスペースの中でどれだけ分かりやすく、端的に書けるかといった点も重要ですが、幅広い表現力を持っているとより効果的です。専門用語を並べるのは良くありません。どんな相手にも伝わるように書くことが重要です。

面接試験

アナウンサーは声を使う仕事のため、面接でも声が重要視されます。大きくハキハキと声を出せることは必須条件です。アナウンサーを目指す人の中にはボイストレーニングに通っている人もいます。他には、書類と同じく情報を正確に伝えることです。質問にはサッと答えられ、自分自身のエピソードを語る場合は起承転結を明確にして話せると印象が良いです。基本的な敬語も使えなければなりません。

原稿読み上げのテスト

アナウンサーは原稿を読み上げる機会が多いため、採用試験では原稿の読み上げテストが行なわれます。原稿の内容は、難解な漢字が使われているものや、区切りや意味が分かりにくい内容のものが多いです。それをいかにスラスラと読み上げられるかが重要です。