ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

FMラジオ放送局:J-WAVEの特徴



J-WAVEは東京都を放送エリアとするFM局で、TOKYO FMに続いて、東京で2番目に誕生した民間FMラジオ局です。バイリンガルのパーソナリティーを起用した国際的な放送と、国内外の最新音楽を伝える番組編成が人気で、聴取率ランキングでは、ときにAM局をしのいで上位に入る人気局です。

歴史

歴史

1987年末、FMブームを受けて西武百貨店パルコなどのセゾングループを中心に開局したJ-WAVEは、翌年から、西麻布の三井ビルより放送を開始します。開局当時のモットーは、「More Music, Less Talk(音楽を多く、トークは少なめに)」です。FMラジオの高音質放送を生かし、ロックやポップス、ジャズ、ボサノバなどによる「洋楽」中心の番組構成で他局との差別化を図り、若者を中心に絶大な支持を集めました。また、渋谷系アーティストの楽曲を「J-POP」として積極的に取り上げ、国内音楽シーンの発展にも寄与しました。しかし1990年代後半以降、不況により広告収入が低下したことから方向性を転換し、新人ナビゲーターを起用、リスナーやゲストとの「トーク」をより重視した番組構成へと移行していきました。2003年には本拠地を六本木ヒルズの森タワーへ移転し、商号も「株式会社J-WAVE」に変更しました。2012年には送信所が東京タワーから、新しくできた東京スカイツリーに変わっています。

人気番組

人気番組

J-WAVEには様々な人気番組や長寿番組があります。その一部を紹介します。

TOKIO HOT 100

J-WAVE開局日の翌日から続く看板番組です。毎週日曜日に放送される番組で、同局でのオンエアーチャートやインターネット投票、同局に寄せられたリクエスト、都内の主要CDショップでのセールスを複合して制作したJ-WAVEのオリジナルランキングをカウントダウン形式で発表します。ナビゲーターは、放送開始時からクリス・ペプラーさんが務めています。また、毎月第1日曜日には、六本木ヒルズけやき坂にあるサテライトスタジオから公開生放送を行なっています。毎年1月の最初の放送では、「SLAM JAM(スラムジャム)」と題した、前年の総合年間チャートを発表します。この番組は、全国のコミュニティFMでも放送されています。

GROOVE LINE Z

前番組は1998年から2010年まで放送された『GROOVE LINE』です。当時のナビゲーターは、クラブDJでもあるピストン西沢さんと、アメリカからの帰国子女で3ヵ国語を話す秀島史香さんでした。リスナーからのリクエストによって曲を選ぶ音楽バラエティ番組であり、お題に沿ったナビゲーターのトークと邦楽や歌謡曲を積極的に演奏する姿勢で、それまでの洋楽路線から大きく異なる、新しいJ-WAVEの「顔」となる看板番組に成長しました。2010年には、ピストン西沢さんが単独でナビゲーターを務める『GROOVE LINE Z』へと移行します。ピストン西沢さんが最新の洋楽から懐メロ、アニソンまで大胆にミックスするDJコーナーも人気が高いです。