ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

AMラジオ放送局:ラジオ日本の特徴



アール・エフ・ラジオとは、神奈川県に本拠地を置く、AMラジオ放送局です。放送エリアは神奈川県全域となっていますが、関東平野の多くの地域で聴取が可能です。ネットワークに所属しない独立系の放送局として独自路線の営業を続けていましたが、長期にわたる聴取率の低迷により、2011年に日本テレビの系列局となりました。

歴史

歴史

1958年、ラジオ関東が設立されました。1966年には、日本初のオールナイト放送『オールナイト・パートナー』の放送を開始します。開局以来の洋楽路線が支持を集め、ファンからは「洋楽のラジ関」として親しまれてきました。しかし1982年、社名を「アール・エフ・ラジオ日本」に変更すると、当時の会長の遠山景久が中心となって野球中継や演歌、政治番組など中高齢者層を意識した番組構成へと大幅な転換を行ないます。その改革が、結果的に聴取率の低下を招き、経営が悪化する一因となってしてしまいました。1993年、取締役会の全会一致によって遠山会長は解任されてしまいました。翌年には、日本テレビの傘下に入る形で経営再建を進めています。

「社会の木鐸(ぼくたく)」宣言

「社会の木鐸(ぼくたく)」宣言

当時の会長であった遠山景久会長によって出された宣言で、「人々を導く存在になる」という意味です。この宣言により、演歌、歌謡曲、ジャズ、政治番組、巨人戦などを中心とした保守的な番組構成への急転換を図り、それまで人気のあったロックやポップスの番組が一斉に打ち切られました。

人気番組

アール・エフ・ラジオには様々な人気番組があります。その一部を紹介します。

スネークマンショー
桑原茂一さん、小林克也さん、伊武雅刀さんによって結成されたラジオコントユニットです。1976年以降、ラジオ大阪や、ラジオ関西(現アール・エフ・ラジオ日本)、TBSラジオなどでコント番組が放送されると、反権力的でラジカルな内容や過激な下ネタなどで大きな話題を呼びました。
ミッキー安川の「勝負」シリーズ
高校卒業後、単身渡米し独学で英語を習得したタレントのミッキー安川さんによるニュース番組です。その週に起こったニュースをピックアップし、政治家や評論家を招いて対談を行ないました。ミッキー安川さんの歯に衣着せぬ鋭い意見が人気を呼び、アール・エフ・ラジオの看板番組として続いてきましたが、2010年、ミッキー安川さんが逝去されたため番組は終了します。現在は息子のマット安川さんによる「マット安川のずばり勝負」に引き継がれています。
ラジオ日本 ジャイアンツナイター
1977年に後楽園球場での巨人戦の独占ラジオ放送権を獲得して以降、ジャイアンツ戦のナイター中継は同局の主力コンテンツとなっています。特に仕事終わりのサラリーマンを対象に、飲食店やタクシーの車内で選局されることが多いです。2006年には千葉ロッテマリーンズのホームゲームの放送権も獲得し、『ラジオ日本マリーンズナイター』の放送を開始しました。