ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトラジオ局リサーチ

ラジオ局情報

ラジオ番組プロデューサーの仕事



ラジオ番組の総責任者のことをプロデューサーと呼びます。ここではラジオ番組のプロデューサーの仕事について説明します。

ラジオ番組のプロデューサーの仕事について

ラジオ番組のプロデューサーの仕事について

以下に、ラジオ番組のプロデューサーの仕事について説明します。

社内調整

社内調整

ラジオ番組は、ラジオ局内の編成部によってタイムテーブルが決定されたことを受けて制作されます。番組編成においては聴取者の動向や、スポンサーがどれだけつく番組になるのかということなども十分考慮されます。よって番組の総責任者であるプロデューサーは、編成局長や営業部長と絶えずコミュニケーションを円滑にとっておく必要があります。

予算管理

プロデューサーは、番組の制作に必要な予算を会社から預かります。預かった予算の範囲内で番組を作り、最高の聴取率を取ることが求められるのです。

タレントとの出演交渉

自局のアナウンサーをパーソナリティーに起用する番組もありますが、タレントをパーソナリティーに起用する番組もあります。大物タレントとの出演交渉は、プロデューサーにとって非常に重要な仕事になります。

スポンサーとの交渉

ラジオ番組のスポンサー集めは、ラジオ局の営業局が主に行なっていますが、ときにはプロデューサー自らがスポンサーのもとに行き、交渉します。スポンサーは、番組制作において自社の意向を十分に汲み取ってほしいと考えていますが、プロデューサーは聴取率や制作にかかわる各社の意向、あるいは自分が作りたいものなども考慮する必要があります。ときに利害が相反するスポンサーとの交渉は、プロデューサーにとって非常に労を要する仕事なのです。

ディレクターなど番組スタッフの管理

プロデューサーは番組の総責任者であり、その下には、現場の責任者であるディレクターや、番組の台本を書く構成作家、ミキサーなどのエンジニアがいます。自局のアナウンサーを番組のアシスタントに起用する場合は、起用したアシスタント(通常はアナウンサー)も、番組が続く限り、ディレクターの部下になります。ディレクターはこれら番組制作にかかわる人々を取りまとめるのが仕事です。「番組にかかわる人が気持ちよく仕事ができる環境を整えておきさえすれば、聴取率は上がり、番組は長年にわたって続く」と豪語するプロデューサーもいます。それくらい人の管理は難しく、番組を制作するスタッフの雰囲気などが番組に影響を与えると言えるでしょう。番組によっては、制作をすべて制作会社に依頼することもありますが、この場合でもプロデューサーは末端のスタッフに至るまで目を配り、気配りをすることが求められるのです。