ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

ラジオ番組ADの仕事



ADとは、アシスタントディレクターの略称で、ラジオ番組制作の責任者であるディレクターの業務を補佐、サポートする仕事です。ここでは、番組の制作環境を、体を張って支えるADについて紹介します。

ADの仕事内容

ADの仕事内容

ラジオのディレクターは、ラジオ番組の録音や編集、選曲などラジオの制作進行のすべてを取り仕切り、非常に多忙です。このディレクターの仕事をサポートするため、ADはディレクターの下であらゆる実務的な業務をこなします。例えば、ディレクターと共に企画の立案を行なったり、放送に必要な内容のリサーチ、ロケで使う機材の手配、スケジュールの管理や、番組に流すCDをレコード室に取りに行くなど、その業務は多岐にわたります。台本のコピー、弁当や飲み物の買い出しなどの雑用も行ないます。ひとりでロケに行き、取材や録音をすることもあります。

ADには、ディレクターの指示にしたがいその場その場で正しい行動を取る判断力や、率先して行動する積極性、ディレクターが不在の場合は自ら判断する決断力が必要です。また、ときにはディレクターやタレントに不快ないじられ方をすることもあり、忍耐力や空気を読む能力も不可欠です。そして何より、不規則な生活や徹夜にも耐えることのできる気力や体力が必要です。ADは長時間多忙な日々を過ごすため、短期間で挫折する人も少なくありません。音楽やお笑いが好きだったり、番組制作を通じて伝えたいことがあったりという強い気持ちがなければ、続けることが難しいと言われています。ADは非常にハードでつらい仕事ではありますが、この期間にディレクターから番組制作進行や演出方法、編集技術など番組制作のすべてを学び取ることができます。一定の期間経過後、その能力が認められると、ディレクターに昇進することができます。

ラジオは少人数で番組を制作するため、短時間の番組や予算の少ない番組は、ADを置かない場合があります。逆に、長時間の番組の場合、ADが複数人いる場合もあります。

ADになるためには

ADになるためには

ADになるためには、ラジオ局に就職し、制作部に所属する方法があります。ただし、在京キー局への就職するためには、四大卒を条件としているところがほとんどで、さらにラジオ局は就職先として非常に人気があり、その倍率は極めて高くなっています。放送に関する専門学校の卒業後、アルバイトとしてラジオの制作会社に入るという道もあります。