ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

ラジオ番組構成作家の仕事



構成作家とは、ラジオ番組の構成を担当する仕事です。放送作家とも呼ばれています。ここでは、構成作家について紹介します。

構成作家の仕事内容

構成作家の仕事内容

ラジオの構成作家は、ラジオ番組の台本を書いたり、番組の企画を考えたり、番組に必要な情報をリサーチしたり、番組に寄せられたFAXやメールを選別したりする仕事です。深夜ラジオで、ラジオブースの中にパーソナリティーと共に入り、パーソナリティーと話したり、笑い声を入れてパーソナリティーのテンションを上げたりしている人が構成作家です。ときには直接パーソナリティーにトークのアドバイスをしたり、番組進行の指示を出したりすることもあります。構成作家はディレクターの女房役と言われ、ディレクターの番組制作を支える仕事です。そのため、ディレクターが理想とする台本を作成する能力や、ラジオ番組を盛り上げるための多彩なアイデアや深い知識が求められます。構成作家は常にアンテナを張り、流行やトレンドを知っておく必要があります。また、ディレクターやパーソナリティーと信頼関係を築くためのコミュニケーション能力も不可欠です。

ラジオ番組は少人数で制作されるため、ディレクターと構成作家をかねるケースやパーソナリティーと構成作家をかねるケースもあります。

構成作家になるためには

構成作家になるためには

構成作家になるには、資格や学歴は必要ありません。構成作家になる方法は100人いれば、100種類あると言われています。例えば、ラジオ局でのアルバイト中にディレクターと知り合って作家になった人や、もともとADだった人がディレクターとの人脈を生かし作家に転身した人、売れている作家に弟子入りし作家になった人、ラジオの深夜番組にお笑いのネタのハガキを投稿していた人がディレクターから誘われて作家になった人、パーソナリティーと友達で作家になった人や、構成作家事務所に所属して作家になる人、芸能プロダクションの構成作家スクールで作家のいろはを学び、その後芸能プロダクションに作家として所属した人など多数あります。構成作家になる方法は多くありますが、明確な方法が無いため、運とタイミングも重要です。構成作家になってたくさんの番組を担当したとしても、いきなりすべての番組が終了し、仕事がゼロになってしまう可能性もあります。そのため、構成作家は常に企画を提案し、自らを売り込む必要があります。構成作家として成功した人の中には、その後タレントになった人や政治家になった人もいます。