ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

ラジオ番組ミキサーの仕事



音を混ぜたり切り替えたりする人のことをミキサーと呼びます。ここではラジオ番組におけるミキサーの仕事について説明します。

ミキサーの仕事について

ミキサーの仕事について

ラジオパーソナリティーの声にエコーをかけたり、声と音楽を混ぜたりする人のことをミキサーと言います。ミキサーはエンジニアのカテゴリに入る職業でありつつも、感性が求められる側面もあるため、「ミキサーになる道」は極めて厳しいものです。

局によって異なるミキサーのスキル

局によって異なるミキサーのスキル

NHKやAM局の生放送は、与えられた時間内に間違いなく淡々と音を送り出していくスキルが主に求められます。つまり声にエコーをかけたり、音楽と声を混ぜたりするといったクリエイティブな要素が少ないのです。工学系の大学で第一級陸上無線技術士の免許を取得しておかなければ、局のミキサーとして雇ってもらえないケースもあります。逆にFM局は、比較的クリエイティブな要素が強い仕事を任せてもらえる傾向にありますが、この場合でも、構成作家が書いた台本は絶対であるため、台本に沿ったミキシングが求められます。また、局の正社員としてミキサーになった場合、現場の仕事ができないこともあります。制作会社からミキサーが派遣されてくるためです。したがって、音の調整卓の前に座って音を操作したいのであれば、技術派遣会社に入ったほうが有利である場合が多いのです。

ミキサーの主な仕事の概要について

以下にミキサーの主な仕事の概要について説明します。

番組収録時における録音
録音される音声信号の音質や音量レベルなどを細かく調整しながら、パーソナリティーの声を録音します。
ミキシング
収録時にノイズが入っているなどの場合、録音されたデータからノイズを取り除く必要があります。また、パーソナリティーが言い淀んだり喋り直したりした場合、その部分を編集する必要も出てきます。この作業を行なうのもミキサーの仕事になります。また声に音をかぶせる場合は、それぞれの音のバランスを調整したり、音質を調整したりする必要も出てきます。ミキシング作業には、ミキサーの個性が非常に強く出ます。複数の出演者が同時に喋っている場合は、音声トラックが複数できるため、それらをひとつにまとめる必要があり、この作業をミックス・ダウンと呼ぶこともあります。ミックス・ダウンにもミキサーの個性が出ます。
生放送時の放送事故への対応
番組が生放送の場合、出演者の失言やCMを流すべき場所で流れないといったトラブルが想定されます。このような放送事故に臨機応変に対応するのもミキサーの重要な仕事なのです。