ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

ラジオの聴取率とは



ラジオを普段から聞いていると、聴取率という言葉がよく出てくることに気が付きます。これは、テレビの視聴率と同じように、ラジオ番組がどれくらいの人に聞かれているかを調べた結果です。ここでは、その調査、算出方法を紹介します。

聴取率の算出の仕方

聴取率の算出の仕方

聴取率の算出の仕方は、なじみのあるテレビ視聴率のイメージとは少し違います。そこで詳しい調査方法を説明します。

聴取率の算出方法

聴取率の算出方法

聴取率とは、ラジオの番組を聞いている人の数がどの程度いるかを調べたもので、何人が聞いていたのかを個人単位で集計し、番組の放送されている地域の人数に対してのパーセンテージを算出します。ラジオの受信機の形には普通のラジオにとどまらず、車のラジオや携帯型のものなど様々あるため、機械では調査できません。そのため個人に対して日記の形で、どの時間帯にどの番組を聞いたかというアンケートを取る形で進められます。

聴取率の調査主体

日本で聴取率の調査は、かつては調査会社のニールセン株式会社と株式会社ビデオリサーチの2社が行なっていましたが、現在では株式会社ビデオリサーチのみが調査を行なっています。

聴取率の算出される期間

聴取率は、地域ごとに異なりますが、定期的に調査されます。首都圏を含む関東地域では、偶数月にそれぞれ1週間調査します。関西や中部地方では3ヵ月に1回、その他の地域では半年に1回となっていますが、どの地域でも必ず1週間は行ないます。なお、どの地域でもFM局・AM局共にあることから、各局合同で調査を実施することがほとんどです。

テレビ視聴率との違い

テレビ視聴率とラジオ聴取率の最大の違いは、テレビ視聴率が世帯での視聴数をもとに算出しているのに対し、ラジオ聴取率は個人での聴取数をもとに算出している点が挙げられます。計算のために、4人家族が2世帯ある地域を例に説明します。テレビ視聴率は、4人家族が全員同じ番組を見ていなくても、誰か1人が見ていれば1視聴あったとカウントされます。2世帯の内1世帯が見ていれば、視聴率は1視聴数÷2世帯で、50%となります。

一方、ラジオの場合で考えると、テレビのケースと同じように、一方の世帯で1人があるラジオ番組を聞いているとします。2つの世帯を対象に聴取率を計算してみると、1聴取数÷8人(4人が2世帯)のため、聴取率は12.5%となります。

このように、同じ人数が聴取/視聴していても異なる数値が出ることから、視聴率と聴取率は単純に比べられないのです。