ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトラジオ局リサーチ

ラジオ局情報

ラジオの深夜放送について



深夜の0時から5時までの時間帯に放送される番組を深夜放送と呼びます。ここではラジオの深夜放送について説明します。

深夜放送の歴史

深夜放送の歴史

深夜放送の起源は、1952年に放送を開始した、占領軍の軍人及びその家族に向けて放送された『イングリッシュ・アワー』(ラジオ東京。現在のTBSラジオ)であるとされています。1959年にはニッポン放送の子会社であった株式会社深夜放送(現・株式会社フジサンケイエージェンシー)や、文化放送、ラジオ関東(現在の株式会社アール・エフ・ラジオ日本)なども深夜放送に参入します。この当時の深夜放送のほとんどは3時には放送を終了していました。60年代に入ると、1965年に文化放送が若者向けの番組である『真夜中のリクエストコーナー』をスタートさせたり、朝日放送が『ABCヤングリクエスト』をスタートさせたりするなど、在京・在阪・在名各局が深夜放送を開始させます。1967年には『パックインミュージック』(TBSラジオ)、『オールナイトニッポン』(ニッポン放送)、『MBSヤングタウン』(MBSラジオ)などが誕生し、現在の深夜放送の礎を築きます。同時期に、トラックの長距離運転手向けの番組も誕生します。『日野ミッドナイトグラフィティ 走れ!歌謡曲』(文化放送)や『いすゞ歌うヘッドライト~コックピットのあなたへ~』(TBSラジオ)などが有名です。90年代後半になるとアニメブームによってアニラジが編成されるようになり、また中高年層を意識した『ラジオ深夜便』(NHK)や『オールナイトニッポンエバーグリーン』(ニッポン放送)などが放送を開始します。2000年半ば頃から世界的な不況と多メディア化が重なり、番組制作費が減少し、深夜放送における自社制作番組の数は減少します。ABCラジオは『ABCヤングリクエスト』から続いていた深夜枠の自社制作番組を2009年7月以降は金曜のみのオンエアとしました。また、東海ラジオは人気番組であった『ミッドナイト東海』以降長く続いていた深夜枠の自社制作番組を2012年10月以降、金曜のみのオンエアに縮小しました。

代表的な深夜番組

代表的な深夜番組

以下に代表的な深夜番組について紹介します。

『ラジオ深夜便』
NHKラジオの深夜放送番組です。1990年から不定期で番組を開始し、現在では年末年始以外は毎日放送されています。大人が静かに聞くことのできる番組として、中高年を中心に人気を博しています。
『オールナイトニッポン』
ニッポン放送の看板的な深夜番組です。放送が開始された1960年代後半は、団塊の世代が受験勉強に明け暮れており、「若者の孤独を癒す」とした番組のコンセプトが大ヒットした要因のひとつであるとされています。
MBSヤングタウン
1967年10月から続くMBSラジオの長寿番組です。明石家さんまさんや笑福亭鶴瓶さん、月亭八方さんなど、主に関西の著名人と共に歩んでいるラジオ番組です。