ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトラジオ局リサーチ

ラジオ局情報

大相撲のラジオ中継について



大相撲中継は、2013年現在、NHKのみで中継されており、民放はダイジェストのみ放送しています。ここでは大相撲中継について説明します。

ラジオにおける大相撲中継の概要について

ラジオにおける大相撲中継の概要について

毎年奇数月に行なわれる大相撲の取り組みの様子は、連日放送されます。放送時間はテレビのBS放送が最も長く、三段目上位から放送しています。NHKラジオ第一放送と、ラジオ日本は幕内のみの放送となっています。また、NHKは千秋楽以外の日は16時5分から18時までが規定の放送時間となっており、千秋楽は15時30分から18時までの放送時間となっています。ラジオ日本においては、16時台から放送が開始されますが、平日は16時5分から、土曜日は16時11分からなど、変則的なタイムテーブルになっています。中継の途中にあたる17時台の冒頭に数分間程度ニュースが挟まれる以外は、ずっと中継を行なっています。中継においては、原則として1名の解説者が2時間を通して出演し続けています。実況アナウンサーはテレビと違い、幕内の前半戦と後半戦で交代することもあります。この実況アナウンサーとは別にレポートを行なったり各種情報を挟むアナウンサーが起用されたりするケースもあります。また実況アナウンサーや解説者がまったく登場してこない場所もあります。NHKは公共放送であるため、以前より18時になると大相撲中継をしていても中断してニュースを放送していましたが、最近ではインターネット放送やBS放送なども登場し、ラジオを含むあらゆるメディアやチャンネルで、ほぼ完全に大相撲の中継を見ることができるようになったのです。

大相撲中継がFMで放送された事例について

大相撲中継がFMで放送された事例について

NHK第一放送において国会中継など重要な放送が流されている場合、FMにて大相撲中継が行なわれたことが過去に何回かあります。その代表的なものを以下に紹介します。

2010年9月
民主党の代表に菅直人が再選された日は、国会中継や政治に関するニュースが17時を超えても報道されており、結果的に17時20分からFMにて大相撲の中継が行なわれました。
2012年11月
衆議院解散に関するニュースがあったため、大相撲はFM放送で16時5分から17時まで中継されました。

大相撲中継が人気の理由について

大相撲は八百長問題があったり、あるいはそれ以前から若年層に人気がないなどと言われていたりします。しかし、大相撲は古くから国民的ヒーローを創出してきた国技であるため、今後も「ヒーローが誕生すると、大相撲の人気は衰えないのではないか」とする見方もあります。大相撲の中継が人気番組である理由のひとつは、国民的ヒーローの誕生を目の当たりにしたいという人々の熱い思いがあるからだと言えます。