ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

ラジオ体操とは



「ラジオ体操」とは、国民の体力向上と健康増進を目的に考案された、伴奏付きの体操のことです。日本では、誰もが気軽に楽しめる運動として、広く国民に親しまれています。特に、夏期休暇中の子どもを集めて行なうラジオ体操は、夏の風物詩として知られています。

歴史

歴史

ラジオ体操の歴史を紹介します。

ラジオ体操の誕生

ラジオ体操の誕生

世界で初めての「ラジオ体操」は、1922年、アメリカはボストンの放送局によって放送されました。その後1925年、アメリカの生命保険会社が、国民の健康増進を目的に、体操番組『Setting up exercise』をラジオ放送すると、日本にもラジオを使った健康体操を作ろうという機運が高まっていきます。そして、1928年、日本放送協会と文部省らが協力し、「ラジオ体操第一」を作成し、翌29年には全国放送が行なわれるようになりました。音楽に合わせて手軽に体操が楽しめるこの番組は好評を集め、32年に「ラジオ体操第二」、39年に「ラジオ体操第三」が制定され、ラジオ体操は日本人の間に急速に広まっていきました。

終戦―新ラジオ体操の制定

終戦とともに一時中断されたラジオ体操ですが、8月23日にはさっそく復活します。しかしこれが、「軍国主義の復活につながる」と判断したGHQの指導を受け、翌46年に旧ラジオ体操を中止し、あらためて「新ラジオ体操第一~三」を制定し放送しましたが、結局あまり普及せず、47年には放送が中止されてしまいました。なお、これ以降「ラジオ体操第三」が作られることがなかったため、今は失われてしまった「幻のラジオ体操」と呼ばれることもあります。

現在の「ラジオ体操」が登場

1951年、公共放送として生まれ変わったNHKを中心に、3代目となる「ラジオ体操第一」が作られます。作曲を手がけたのは、クラシック音楽家の服部正さんです。「老若男女を問わず、誰でもできること」を目的に、親しみやすい音楽と分かりやすい運動を取り入れ、瞬く間に人気を取り戻します。翌52年には、職場での運動を想定し、「体をきたえ、筋力を強化すること」にポイントを置いた「ラジオ体操第二」が誕生します。62年には、全国1,000万人で同時刻に体操を行なう「第一回1000万人ラジオ体操祭」が行なわれると大反響を呼び、以降現在に至るまで毎年開催される国民的なイベントへと成長しました。

誰もが楽しめる「みんなの体操」制定

1999年、「年齢、性別、障がいの有無を問わず、誰もが楽しめる体操」として、「みんなの体操」が考案されます。これは、狭い場所や座ったままでも運動できる8つの体操の組み合わせで、発表記念式典には当時の内閣総理大臣や郵政大臣、NHK会場などが参列するなど、大きな注目を集めました。この「みんなの体操」は、平日の午前9時55分から5分間、NHK総合テレビで放送されています。番組内では、立位と座位の両方が実演されています。