ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトラジオ局リサーチ

ラジオ局情報

永六輔の誰かとどこかで



タレントの永六輔さんがパーソナリティーを務めるTBSラジオのワイド番組です。1967年から2013年9月27日まで、46年間にわたって放送されてきた同局を代表する長寿番組です。

概要

概要

1967年の1月2日に、前身である『どこか遠くへ』が放送開始します。69年には、番組タイトルが現在の『誰かとどこかで』に変更になりました。平日の月曜日から金曜日まで放送される10分番組で、パーソナリティーの永六輔さんが、アシスタントの遠藤泰子さん(2代目パーソナリティー)とともに、繰り広げるトークが人気を集めました。2003年年9月1日には、放送回数が1万回に到達しました。2011年には、永さんが足を骨折し、番組は中止になるかと思われましたが、遠藤さんやスタッフが永さんの病室に駆けつけ、その場で番組を収録して放送を続けました。その後も順調に放送を重ねていきましたが、永さんの体調の悪化や、スポンサーである桃屋の撤退などを受けて2013年9月27日、惜しまれつつ番組を終了しました。最終的な放送回数は1万2,629回となり、これはTBSラジオが制作する、同一人物が続けた番組としては最長の記録となります。放送終了後も、年に数回『誰かとどこかで』の特別番組が放送される予定です。

主なコーナー

主なコーナー

『永六輔の誰かとどこかで』の主なコーナーを紹介します。

七円の唄

毎週金曜日に放送される同番組の名物コーナーです。リスナーから届いた日常の風景を紹介しつつ、永さんがコメントを付けます。コーナーのタイトルにある「七円」とは、番組開始当時の郵便ハガキが1枚7円だったことに由来します。コーナーのBGMは、タレガさんの『アルハンブラの思い出』です。

五十円の小言

こちらは、主に木曜日に行なわれたコーナーです。リスナーが日常生活で感じた「怒り」や「疑問」を、投稿ハガキで紹介します。

永六輔さんのラジオ以外での活躍

永さんは1933年、東京・元浅草の住職の家に生まれ、1952年、早稲田大学に進学しました。在学中にスカウトされ放送作家、司会者としてデビューを果たします。以後、ラジオやテレビの企画、作詞・作曲、ラジオパーソナリティーなど、幅広い分野で活躍を続けています。1983年には、参議院議員選挙に比例代表区から出馬しましたが落選します。1994年老いや病気、死にまつわる名言を集めたエッセイ『大往生』(岩波書店)を発表すると、200万部を超えるベストセラーとなりました。作詞家としても、『こんにちは赤ちゃん』『いい湯だな』『見上げてごらん夜の星を』など多くのヒット作を生み出しており、なかでも坂本九さんに提供した『上を向いて歩こう』は、国内だけでなく世界でも大ヒットとなりました。同番組のテーマ曲である『遠くへ行きたい』の詩も、永さんの手によるものです。