ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

福山雅治のオールナイトニッポン
サタデースペシャル・魂のラジオ



俳優・シンガーソングライターの福山雅治さんと、ニッポン放送の元アナウンサー荘口彰久さんがパーソナリティーを務めたニッポン放送の深夜放送です。一般的には「二枚目」で知られる福山さんの赤裸々な素顔が伺える番組として、男女ともに多くの支持がありました。番組は毎週土曜日の23時30分から25時まで、生放送が原則。第49回日本民間放送連盟賞及び第40回ギャラクシー賞を受けています。

番組の概要

2000年に放送がスタートした福山雅治さんの冠番組。福山さんは、1992年にも『福山雅治のオールナイトニッポン』を担当していましたが、同番組は98年に放送を終了しています。同番組は、福山さんにとっては、2年ぶりのオールナイトニッポン復帰となりました。小さな子どもからお年寄りまで幅広く支持されていて、特に2010年の大河ドラマ出演後には、年配者からの投稿が急増しました。以前、福山さんが新聞に「ラジオ界の国宝」と書かれたことを受けて、リスナーからは「国王」と呼ばれることも。自身の曲を初披露することを「宇宙初ぶっかけ」と呼ぶなど下ネタが多いのも特徴で、福山さんのドラマや歌番組で見せる顔とは違った一面を見ることができました。

主なコーナー

『魂のラジオ』の主なコーナーを紹介します。

魂のリクエスト

リスナーがリクエストした曲を福山さんが弾き語る名物コーナーで、主に番組の最後に放送。通称「魂リク(たまりく)」です。福山さん自身の曲だけでなく、邦楽、洋楽問わずに、様々なアーティストの楽曲がリクエストされました。自分の持ち歌以外がリクエストされた際には、福山さんの時間が許す限り早めにスタジオに入って練習することも。2012年3月31日の放送では、ゲスト出演した岡村隆史さん(ナインティナイン)とともに、福山さんの『家族になろうよ』のセッションをしました。

魂の電話

リスナーとの生電話企画です。電話がつながると福山さんが「もしも?」と問いかけ、リスナーが「マシャマシャ」と答えるのがお約束でした。

ファン目線

番組にゲストが出演した際に行なわれるコーナーで、ゲストのファンから、「ゲストを愛するからこそ言えない」苦言やお願いを募集し、福山さんが代弁。普段は聞くことができないファンの率直な意見が知れる貴重な機会でしたが、中には辛らつな意見もあり、ゲストを苦笑させることもしばしばありました。コーナーは、ゲストが女性だろうとアイドルだろうと、ほぼ必ず実施。ただし、タレントの大泉洋さんがゲストに訪れた回には、話が弾み、このコーナーをやる時間が無くなってしまったため、翌週に本人不在で実施されました。

基本的な質問

数年に一度、突発的に行なわれたコーナーです。新規のリスナーに向けて、福山さんの基本的なプロフィールやラジオ内のお約束など、昔からのリスナーにとっては当たり前になっているような質問に答えられていました。