ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

ラジオ深夜便



NHKラジオ第1放送、FMラジオ放送、ラジオ国際放送で放送されている深夜番組です。若者に向けたバラエティ番組が多い民放局の深夜放送と違い、クラシック音楽や落語、静かなトークなど、大人が深夜に楽しめる番組として親しまれています。

背景

背景

かつて、NHKのラジオはすべて午前0時に放送を終了していました。しかし1988年9月に天皇陛下が入院されると、容態を24時間伝えるために深夜放送を実施します。容態に動きが無いときにクラシック音楽を流したところ、これが好評を得ました。また、地震や津波などの災害が発生した際に、終夜放送をしていたほうが迅速な対応が可能なため、1990年4月より、ゴールデンウィークやお盆、年末年始などに不定期で『特集 ラジオ深夜便』を放送していました。1992年4月より本放送を開始し、24時間放送が実現しました。

主なコーナー

主なコーナー
日本列島暮らしの便り
日本全国のレポーターが登場し、季節の話題や最近のエピソードなどを語ります。原則的に、レポーターは2年ごとに交代し、1年経つと担当する曜日が変更されます。
ないとエッセー
各界の著名人が、自分の人生論やこだわりについて10分程度語るコーナーです。番組ジングルは由紀さおりさんの『心の家路』です。またステラMOOKより、このコーナーで放送されたエッセーをまとめた本『ラジオ深夜便ないとエッセー』が刊行されています。
ミッドナイトトーク
2009年から放送されているトークコーナーです。ひとつのテーマについて、各界から選ばれた8人の論客がアンカー(パーソナリティー)とともに語ります。番組の最初のコーナーであり、放送が開始する23時20分から約25分間行なわれます。また、このコーナーは放送後、番組ホームページでも配信されています。
ロマンチックコンサート
午前2時台に放送されている音楽コーナーです。「エンジョイ〇〇」「〇〇への誘い」というテーマで、担当アンカーの趣味に合わせた選曲が行なわれますが、ポピュラー、カントリー、ジャズなど、洋楽が多い傾向となっています。この音楽コーナーの最中に、リスナーから寄せられた手紙やメールの紹介を行なうこともあります。
明日へのことば
2010年から放送を開始したインタビューコーナーです。番組の終盤、午前4時5分頃から50分頃まで放送されます。宗教関係者や著名人へのインタビューを通して、リスナーが明日を生きる力を得られるような言葉を紹介しています。また、毎月最終土曜日の深夜には作家・五木寛之さんの「歌の旅人」、最終日曜日にはコラムニスト・天野祐吉さんの「隠居大学」が放送されています。
深夜便 落語100選
2009年4月より放送されている落語コーナーです。この番組では放送開始当初から「演芸特選」として、古今東西の落語、漫才、浪曲などの音源を紹介してきましたが、2008年に別番組で落語音源の不正使用が発覚すると、同年9月にいったん放送終了となりました。そして翌年、『深夜便 落語100選』として復活しました。新コーナーは、古典落語を中心に、番組のために落語家が演じた口演を放送しています。番組で放送するための落語は、年に数回NHK放送センターのスタジオで公開録音され、一般のお客さんも見ることが可能です。また、番組で放送された落語を100席収録した全10枚組のCDボックス『ラジオ深夜便寄席 ~深夜便落語100選より~』も発売されました。