ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局情報

英国放送協会(BBC)



BBCラジオとは、イギリスの公共放送局「英国放送協会(BBC)」が行なうラジオ放送です。リスナーを年齢や趣味、地域、人種などのセグメントに分けて、それぞれに向けて多彩な番組を放送しています。またインターネット配信にも積極的で、ウェブからアクセスできる番組配信サービス「BBC iPlayer」を通じて、過去7日間の放送を世界中から聞くことができます。

BBCラジオの歴史

BBCラジオの歴史

BBCの歴史を紹介します。

BBCの誕生

BBCの誕生

イギリス初のラジオ放送は1922年2月、イタリア出身の発明家グリエルモ・マルコーニが設立したスタジオから行なわれました。マルコーニはこのスタジオから週に1度、約30分の放送を続けます。その年の10月には、マルコーニ社を含むイギリスの無線機メーカー6社が中心となって、BBC(British Broadcasting Company)を設立します。11月にはロンドン、バーミンガム、マンチェスターで順次放送が開始されます。1926年には、ゼネストによって新聞の発行が止まりましたが、BBCは放送を継続します。新聞に代わる新しいメディアとしての存在感を高めました。翌27年には国王の特許状を得て、社名をBritish Broadcasting Corporationに変更します。1932年には、海外向け放送「エンパイア・サービス」を開始しました。またクリスマスには、国王ジョージ5世によるクリスマス・メッセージ放送を初めて実施します。これは、現在まで続く恒例行事となっています。

戦地の兵士に向けた軽音楽放送が、国内でも人気に

1939年にイギリスが第二次世界大戦へ参戦すると、BBCラジオは戦時下体制に移行し、全国放送と地域向け放送を廃止し、「BBCホーム・サービス」に一本化します。翌40年には、フランスに駐留するイギリス軍に向けて、「BBCフォース・プログラム」の放送を開始しました。厳しい戦場での貴重な娯楽として、軽音楽やバラエティ番組を中心とした構成で、兵士だけでなく、自国のリスナーからも好評を得ました。1943年には、短波を用いた日本語放送を開始します。45年に戦争が終わったあとも、好評だったフォース・プログラムは「BBCライト・プログラム」に名前を変えて存続しました。

リスナーの趣味や背景に合わせたチャンネルが次々に誕生

1946年、知識階級に向け、クラシック音楽やオペラ、現代音楽、文学、芸術などを扱う「BBCサード・プログラム」が開局しました。1955年には、高音質のFM放送が開始されます。1967年、若者に向けたラジオ「BBCラジオ1」が放送を開始します。これに合わせて、ライト・プログラムが「BBCラジオ2」、サード・プラグラムが「BBCラジオ3」、ホーム・サービスが「BBCラジオ4」へと改められました。1990年、ラジオ2がFM放送に完全移行します。空いた周波数帯を使って、ニュース番組やスポーツ中継を行なう「ラジオ5」がスタートします。1994年、ラジオ1もFM放送に移行しました。1995年には、デジタルラジオが開始し、2002年には、デジタル放送を使って、スポーツや音楽の専門チャンネルや、国内のマイノリティに向けたチャンネルなどが次々と生まれました。