ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。

施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

メディアポ
ラジオ局
トップページへ戻る
トップページへ戻る

ラジオ局とは

ラジオ局情報


ラジオ局とは

皆さんはラジオ局とは、どんなところだと思いますか?ラジオはドライブのパートナーとなったり聴きながら家事をして楽しんだり、「好きな番組を聴くために聴いている」など、十人十色のいろいろな楽しみ方がありますよね。インターネットの普及など娯楽の多様化により減少したとは言え、根強いファンも多いのではないでしょうか。しかし、そのラジオ番組を放送しているラジオ局については何も知らない、分からないという人は多いと思います。このページでは、ラジオ局の周波数やインターネットラジオについて、ラジオ局でのアルバイトや就職など、様々な情報について解説します。
(※衛星デジタル放送局は除きます。)

ラジオ局とは?

ラジオ局とは?

ラジオ局とは、ラジオ番組の制作・放送を行なう局のことで「ラジオ放送局」と呼ばれることもあります。ラジオとは、放送局から電波を使用して音声を聴取者に聞かせるシステム、及びその受信装置のこと。

ラジオからはアナウンサーなどの声や音楽など、音声のみを聴くことができます。

1‐1.ラジオとラジオ局とは?

ラジオとラジオ局とは?

ラジオの送信システムはシンプルな構造です。電気が止まると使えないテレビやパソコン、また電波の傍受が不安定なスマートフォンなどの中で、ラジオは肩に担げる程度の小型の送信機から放送することも可能であり、かつ電波状況がかなり悪いときでも非常に簡易な装置で傍受可能なため、災害の発生時などに最も活躍するメディア。東日本大震災の際には重要なメディアとして再認識されました。

日頃一般的に聴いているラジオ放送は、大別すると中波(531~1,602kHzの周波数の電波)放送を使用した「AM放送」、超短波(30~300MHzの周波数の電波)放送を用いた「FM放送」の2種類のいずれかという人が多いでしょう。他にも「短波放送」(3~30MHzの周波数)と、「長波放送」(30~300kHzの周波数)があります。

また経営形式で分類し、全国で1法人である「NHK」と日本各地に存在する「民間放送局」に分けることも可能です。

日本のラジオ局は、数百のラジオ局が乱立しているアメリカなどと比較して大半が新聞社やテレビ局の系列会社であり、また免許制の事業でもあることから少数の会社による独占状態が長期間続いています。ラジオ番組の制作の際、基本となるスタッフ構成はプロデューサー、ディレクター、録音などの技術スタッフ、構成作家。もちろん、番組の内容や規模によってこれ以外のスタッフが参加することもあれば、逆にひとりで二役をかねることもあります。制作会社など外部スタッフに業務を委託することが増加したため、ラジオ局や番組により、番組制作開始から完成までにラジオ局社員はほとんどタッチしないということも少なくありません。

1‐2.インターネットラジオ放送「radiko.jp」とは?

インターネットラジオ放送「radiko.jp」とは?

近年は、インターネットやスマートフォンなどの発展・普及により、ラジオの利用方法やラジオ局のカタチも大きく変化しました。

ラジオ放送をインターネットの利用により聴取できるようにしたサービスが登場した中で、代表的なものが「radiko.jp(ラジコ)」。「radiko.jp」の場合、聴取可能なのは現在いるエリア内にある放送局の番組のみとなりますが、有料サービスに登録すれば、参加している日本全国のラジオ放送を聴くことが可能です。(スポーツ中継や特定のタレントが出演する番組は、聴取できない場合があります。)

「radiko.jp」は、パソコンから「radiko.jp」にアクセスするか、無料のガジェット「radiko.jp」をダウンロード、スマートフォンからは、無料の公式アプリ「radiko.jp」を使用すれば、聴くことができるようになります。ただし、インターネットの環境により地域によって聴けない場合もあるので注意しましょう。

1‐3.英語のラジオ放送を聴くには?

英語のラジオ放送を聴くには?

英語のラジオ放送を聴いて「英語の勉強をしたい」という人は多いでしょう。

それが可能なラジオ局で代表的なところは「AFN(エイエフエヌ)」。AFNは、世界各地の米軍基地にいる米軍兵士やその家族などに向けて放送しています。この放送を聴いて英語を勉強している日本人は多く、英語教材としても活用されているほどです。幅広いジャンルの音楽やトークなどの番組がありますので、生きた英語に触れ身に付けるのに最適な媒体と言えます。

また、FM放送の「InterFM897(インター・エフエム・ハチキュウナナ)」というラジオ局もメインは英語ですが日本語も少し交えつつ放送しているため理解しやすく、podcast(ポッドキャスト)に対応したダウンロードサイトもあります。iPod(アイポッド)に取り込めばいつでも好きなときに聴くことができるのです。

さらに、近年はネットの普及により世界中のラジオ局がネット上でのラジオ放送を聴取可能にしています。ブラウザから希望のラジオ局のホームページを開き放送用のリンクをクリックするだけで英語はもちろん、様々な言語の放送を楽しむことが可能。

NHKでも同様にインターネットを利用して、英語・中国語・韓国語・イタリア語・ドイツ語・フランス語・スペイン語・ロシア語・アラビア語などを学習できるサイトが運営されています。

1-4.ラジオ局の様々なランキングや一覧とは?

ラジオ局の様々なランキングや一覧とは?

現代は言わずと知れたネット社会。ラジオ局の様々なランキングや一覧、知りたいこともキーワードに含めて検索すれば多くの情報が分かります。例えば、ラジオ聴取率ランキングやラジオ局売上高ランキング、おすすめ番組ランキングや施設としてのラジオ局へのアクセス数ランキングなど。一覧についても同様で、全国ラジオ局一覧やFMラジオ局のネットワーク一覧、周波数の一覧など複数のサイトが存在し、インターネットラジオ局の一覧やコミュニティ放送局の一覧まで、ネットを利用すればすぐ確認することができます。

上手にネットを活用し、知りたいことや目的に合うラジオ局・ラジオ放送を見つけましょう。

2.ラジオ局でのアルバイト

ラジオ局でのアルバイト

ラジオ局でのアルバイトと聞くと、「やってみたい」と思っている人も多いのではないでしょうか。ここではラジオ局でのアルバイトの現状についてお話します。

2-1.ラジオ局でのアルバイトとは?

ラジオ局でのアルバイトとは?

ラジオ局でのアルバイトは、大学生など学生も多いようです。ここでは、概略ですが具体的な仕事内容についてお話します。

① 雑用
雑用

主な仕事は、ひとことで言えば「雑用」ですが、ラジオ局でのアルバイトは入ってしまうと楽しくて辞める人は少ないそうです。

出演者へのお茶出しやゲストの案内、必要な指示をパーソナリティーに伝える、CMを入れる時間のカウントなど、様々な雑用があります。ときには効果音を入れることもあります。

② ハガキの整理
ハガキの整理

リスナーから郵送されてきたハガキを番組ごとに分ける仕事です。

ご意見・ご要望・リクエスト・クイズの答えなど様々なハガキが届くので、それを仕分けていきます。

③ AD(アシスタントディレクター)
AD(アシスタントディレクター)

テレビ局のAD同様、ディレクターのアシスタントをする仕事。こんな重要な仕事をアルバイトにさせるとは驚きですが、意外とあるようです。

ラジオ局のアルバイトの時給は他のアルバイトより安め(平均時給800~900円程度)。そして、開始が夕方頃からという場合が多いことも特徴です。

また、このアルバイトをすると、とっさの判断力が養われる、機転が利くようになる、一般常識やマナーが身に付く、キレイで聞き取りやすい声が出せるようになるなどのメリットがあると言われています。

2-2.ラジオ局でアルバイトとして採用されるには?

ラジオ局でアルバイトとして採用されるには?

ラジオ局でのアルバイトとして採用されるには以下の4つの方法が代表的です。自分ができる方法を選択してチャレンジしてみましょう。

① 働いている人に紹介してもらう。
働いている人に紹介してもらう。

実際にラジオ局で働いている人がいたら、ぜひ紹介してもらいましょう。働いている人が辞める際、代わりとして入社するという人も多数です。

② 求人情報誌や求人サイトをチェックする。
求人情報誌や求人サイトをチェックする。

機会は少ないですが、求人情報が掲載されている場合があります。「毎日必ずチェックする!」くらいの気持ちでチェックしましょう。人気があり競争倍率も高いため、求人情報を見つけたら締め切り前に即応募することが重要です。

③ ラジオ局に直接問合せる。
ラジオ局に直接問合せる。

希望しているラジオ局に直接問合せする方法です。求人誌などに掲載していなくても、タイミングさえ良ければ採用試験を行なってもらえる可能性があります。ラジオ局により求人情報を自社のホームページのみに掲載している場合もあるため、ラジオ局のホームページもこまめにチェックしましょう。

④ 番組制作会社などから転職する。
番組制作会社などから転職する。

ラジオ局の番組制作は番組制作会社への外注が多いため、まず番組制作会社に勤めてから転職する方法もあります。それ以外にラジオ局に関連する会社や下請け会社からの転職もあるようです。

2-3.ラジオ局でのアルバイトに適性がある人とは?

ラジオ局でのアルバイトに適性がある人とは?

ラジオ局でのアルバイトはただ「ラジオが好きだから」、「憧れだから」などの軽い気持ちでは続けられません。番組が放送される直前のラジオ局は、みんなあわただしく走り回っているため、その邪魔にならず自分の役割を遂行できるよう、素早く行動できる人や機転が利く人、心身ともにタフな人に適性があります。

また、感受性が豊かでおもしろいアイデアを多く考え付くことができる人は、聴取率の高い番組を作ることに向いているでしょう。なお、一般常識やマナーが身に付いていることはもちろん、聴取者ともメールやハガキなどでやり取りする機会が多いため、個人情報保護をはじめとする情報管理や放送倫理などに対する意識が高いことも重要です。

3.ラジオ局に就職するには?

ラジオ局に就職するには?

就職したい憧れの業種として人気が高い、マスコミ・メディア業界。もちろんラジオ局も含まれています。しかし、人気業界だからこそ、就職難易度もかなり高いのが現状です。

では、どのようなことに気を付ければラジオ局の希望業種に就ける可能性は上がるのでしょうか?ここでは、そのポイントをお話します。

3-1.ラジオ局での仕事内容とは?

ラジオ局での仕事内容とは?

就職を目指す前に、ラジオ局での仕事内容も知っておいた方が良いでしょう。ラジオ局では、たくさんの部署が協力し合うことで番組を成立させています。

下記に、一般的なラジオ局内の主な部署と仕事内容の紹介を致しますが、部署名などはラジオ局によって異なる場合がありますので注意しましょう。

① 制作部
制作部

ラジオ局へ応募する学生の多くが目指している部署。将来的にはプロデューサーやディレクターになれる可能性もあり、放送内容を決定したり予算を調整したりすることが主な仕事です。企画力、コミュニケーション能力などが特に求められる部署でもあります。

② 編成部
編成部

番組の時間帯変更や新番組の立ち上げ、打ち切りを決定するのが主な仕事です。聴取率とリスナーの年齢層などから需要のある番組内容を考えながら、ラジオ番組のタイムテーブルを作成しています。また、報道部や営業部、制作部などと協力して番組を作ることも。その際、各部署の異なる意見をまとめる仕事(「トラフィック業務」と呼ばれます)も編成部の仕事です。

③ アナウンス部
アナウンス部

基本的に、この部署所属であるアナウンサーの主な仕事は原稿を読んだり、パーソナリティーとしてトークをしたりすること。ただし、アナウンサーの所属部署は各ラジオ局により異なり、一例ですがNHKはNHKラジオセンターに所属、TBSラジオTBSテレビとアナウンサーを共有していることからTBSテレビにのみアナウンス部があります。また、制作部に所属しているラジオ局も存在します。

④ 報道部
報道部

交通情報や天気情報、事件や事故のニュースなどを取材・放送する部署です。大規模な組織となることが多いテレビ局の報道部とは異なり、ラジオ局の報道部は少人数で構成されている場合が多め。そのため、所属の記者はひとりで運搬・録音・取材・原稿執筆・レポートまでを行なう機会も多数あり、報道に関するすべての業務の経験ができます。ただし、NHKとAM放送局には報道部あるいはそれに相当する部署があるケースが多いですが、FM放送局にはごく少数しか存在しません。

⑤ 営業部
営業部

NHK以外の民放ラジオ局の主な収入源であるコマーシャル。営業部は単独もしくは広告代理店と共にクライアントにコマーシャル枠を販売したり、提案したりすることが主な仕事です。また、それ以外にコマーシャル枠の管理や制作部との調整も担っています。

⑥ 広報部
広報部

ラジオ局の広報部は、そのラジオ局におけるすべての番組を宣伝することが主な仕事です。そのためにマスメディアが取り上げてくれるよう資料や情報を公開するなど様々なことをします。テレビ局の広報は番組ごとに担当者が決まっており、その番組のみを宣伝しますので、ラジオ局での広報とは違いがあるのです。

⑦ スポーツ局
スポーツ局

野球・サッカー・相撲・マラソンなどのスポーツ中継を担っている部署です。スポーツ好きな人には「憧れの部署」と言えるのではないでしょうか。野球中継の際は、球場のブース担当とラジオ局内のスタジオ担当に分かれ、それぞれの仕事で野球の試合の感動を伝える仕事をします。ニッポン放送には編成局スポーツ局が存在し、TBSラジオは制作部にスポーツ担当がいるなど、報道部同様ラジオ局によりそのあり方はそれぞれです。

以上のことを念頭におきながら「自分はラジオ局でどのような仕事をしたいのか?」を考えることは大切です。

3-2.ラジオ局社員の年収とは?

ラジオ局社員の年収とは?

ラジオ局の年収は、所属している部署や役職によって大きく異なります。大手のラジオ局か地方ローカル局かによってもかなりの差があるのです。中でも大手テレビ局のディレクターの年収が高めと言われていますが、管理職の収入例であり必ずしもディレクターになれば高収入を得られるというわけではありません。しかし、ラジオ局の規模や部署などから考える場合、やはりADや裏方の仕事、及び地方ローカル局社員と比較すると収入は高くなりやすいです。また、高収入を得るためには当然それに見合った経験も必要でしょう。ディレクターもADなどの下積みを経験したからこそ高収入を得ているのです。何の経験もなく管理者クラスになり、高収入を得るのはかなり難しいと言えます。

しかし、最初は低年収でも昇給制度を採用しているラジオ局なら将来的に高収入を得られるチャンスには恵まれます。「ラジオ局で高収入を得たい」という人は、昇給制度がある会社や契約社員から正社員になれる会社を選択しましょう。

一般的に大手以外のラジオ局社員の平均年収は300~500万円程度と言われています。かなりの幅があるのは部署やポジションなどにより様々だからです。

結論として、ラジオ局社員の年収は約300~1,000万円以上ということになるでしょう。

3-3.ラジオ局の新卒採用とは?

ラジオ局の新卒採用とは?

多くのラジオ局では新卒採用時、学歴を評価基準としています。どれくらい重視するかはラジオ局によって差異がありますが、偏差値の高い大学の学生が有利であることはほぼ確実と言えるでしょう。その理由には、ラジオ局の大きな仕事は「社会に早く正しい情報を発信すること」というのが挙げられます。それを可能にするには、幅広い知識と教養が求められるのです。

その証拠に大手ラジオ局では、いわゆる一流大学、有名大学と言われる大学からの採用が大半を占めています。そのため、高卒でラジオ局に就職するのはかなり難しいとのこと。ラジオ局への就職を目指すなら、まずは可能な限り偏差値の高い大学や有名大学に入学・卒業しましょう。

「3-1.ラジオ局での仕事内容とは?」で述べた職種のうち、アナウンサー職以外は通常「一般職」として募集され、入社後に各部署に配属されます。そのため、希望の部署に配属されるとは限らないことも考えておきましょう。ミキサー(音響スタッフ)などの技術職として応募する場合は、電気・電子・情報工学系学科の学生で音響や放送技術にかかわる資格を持っている人が有利と言われていますが、その他の一般職、アナウンサー職への応募には学部による影響はなく、必要な資格も特にありません。

アナウンサーは、一般職とは別枠での募集が増えています。アナウンサーは専門的な技術を有していないとできない職種であるため、アナウンスの学校にも並行して通い、発声などの訓練を積んだ人の採用が多いです。基本的には顔が見えないラジオ局のアナウンサーですが、いわゆる「見た目」が良いのかも合否に関係すると言われています。「声優でもルックスが重視される時代だから」という見解もあるのが現状です。また、アナウンサーはアナウンサー経験者の中途採用も多く、即戦力を欲しがっている傾向が強いと言えるでしょう。

3-4.ラジオ局のインターンとは?

ラジオ局のインターンとは?

ラジオ局に限らず就活生の約7割がインターン経験者というデータからも分かるように、「内定をもらう近道はインターンへの参加」です。しかし、大手ラジオ局のインターンシップは参加者の選考も毎年高倍率であり、勝ち残るだけで大変困難な道のり。その激戦をくぐり抜け見事選ばれるには、以下の3点をアピールすることが有効です。学歴では不利な場合でも熱心に語りましょう。

  1. ① ラジオ局で働きたい理由
  2. ② 「ラジオ」への愛
  3. ③ 「ラジオ」に関連した志望動機

そして、晴れてラジオ局でインターンシップに参加できることになったら、特に以下のことに気を付けましょう。

① 芸能人を見ても騒がない。
芸能人を見ても騒がない。

ラジオ局に限らずマスメディアのインターンシップでやってはならないことは、ミーハーな気分になり「芸能人を見て騒ぐこと」です。騒いでしまうとそのインターンシップの目的が「芸能人を見たいから」と判断されます。インターンシップとは「企業と学生の意見を合わせるもの」ですから「目的が間違っている」と思われないようにしましょう。評価も下がってしまいます。

ラジオ局のインターンシップでは実際のテレビ番組の制作現場に入れることがあります。ラジオ局ではありませんが、2016年(平成28年)の冬、テレビ東京のインターンシップでは、インターン生に実際の番組制作が任されました。そのような機会は今後増えていくかもしれません。そのとき「かかわることができてうれしい」という気持ちは分かりますが、態度には出さず心の中にしまっておきましょう。

② 社員を名前で呼ぶ。
社員を名前で呼ぶ。

インターンシップ参加時に印象を良くするために「質問タイム」の際「名前を呼ぶこと」をおすすめします。名前で呼ばれると、人は尊重されているような気持ちになるため、マスメディアで必要な「気配り上手」や「コミュニケーション能力に長けている」と判断されるでしょう。さらに、尊重されている気持ちになると企業側もより目をかけて指導するようになるのです。

以上の2点です。インターンシップでは、実際の業務を体験しながら学生の行動を見て、評価されています。その気持ちを常に忘れず臨みましょう。現場での業務を通して、企業は学生が「有能」か「無能」かを判断しています。インターンシップの段階で悪い評価を与えられると、就活では不利になる場合も。また、「評価されている」と聞くとマイナスイメージを持つ人も多いかもしれませんが、受け取り方次第で「長所をアピールできるチャンスの場」にもなるのです。

ぜひ、以上の情報を参考にして対策を実行し、憧れのラジオ局に入社しましょう。

ここまでラジオ局について解説してきました。ラジオは災害のときなど非常事態には私たちを救うメディアとなり、普段は様々な娯楽・教養・報道などの音声情報を伝えます。そのラジオ放送をするために存在しているラジオ局について、これを機会に詳しくなって頂けたかと思います。
また、施設リサーチ/ホームメイト・リサーチでは、全国のラジオ局やその周辺の生活施設を検索することができます。こちらも合わせてぜひご利用下さい。