ご希望のラジオ局情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

ラジオ局用語集

ラジオ局用語集 ラジオ局用語集

文字サイズ

  • コストパーミル
    こすとぱーみる

    コストパーミルとは、広告業界などで視聴率を検討する際に使われている言葉。広告対象者延べ1000人(世帯)に到達するために必要な広告コストのこと。「CPM」とも表記される。「Cost Per Mil」をカタカナにした物であり、この「Mil」とは「1000」を意味するフランス語。視聴率・聴取率についてのコストパーミルは次の計算式で算出される。「広告費÷(1%の人数<世帯数>×GRP)×1000」。計算式で使われる「GRP」とは、「Gross Rating Point」であり、視聴率調査によって算出される、いわゆる「延べ視聴率」のこと。世帯数の多い地域で流される番組や人気番組程コストパーミルは低くできるかと思えば、そうした番組は広告費も高く設定される。その広告の費用対効果が、どの程度の物か検討される際に使われる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のラジオ局を検索できます。

ホームメイト・リサーチ-メディアポ

ページ
トップへ
PAGE TOP